<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初恋草・ブルースマリー | TOP | アンスリウム・テラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
シンビジウム・フレッシュ(グリーン)
シンビジウム・フレッシュ(グリーン)

11月1日にコメントを下さった、羽衣洋蘭園さんの
シンビジウム「フレッシュ」です。
入荷したので早速撮影。

瑞々しい感じが好きです。
ずいぶん前、お花の仕事についたきっかけになったのも蘭類や熱帯植物でした。

ソーラス
ソーラス


オーストラリアの20代半ばの青年、ザヴィエル・テッド。
Bob Marley「No Woman No Cry」のカバーは絶品です。
こんな青年たちの音が新鮮!
17:33 | 花 サ行 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
17:33 | - | - | -
COMMENTS
コイズミさん、ウチのフレッシュを取り上げてくださって、ありがとうございます。

小輪のフレッシュを、こんなにアップで撮影する事ができるとは!

いやはや、マクロってすばらしい。

近日、価格コム経由で購入予定ですが、中々時間が取れなくています。

早く、ほし〜い!!

です・・・・・。


『ザヴィエル・テッド』ってどんな感じの音楽ですか?

コイズミさん程、詳しくありませんが、私も音楽大好きです!

よろしかったら教えて下さい。

2005/11/13 2:39 AM by ワタナベ
> ワタナベさま

「フレッシュ」スキッとして、アレンジメントなどにも使いやすそうな、可愛いシンビジウムですね♪すぐに、売れてなくなっちゃいましたが。

ザヴィエル・テッドは、ギターがメインのしっとりとした、
アコースティックMusicです。
きっと、ゆったりとした気持ちの良い時間が過ごせるとおもいマス♪
(ちょっと80年代のUKインディーズの雰囲気も)
2005/11/13 7:14 AM by コイズミ
すっすぐに、売れてなくなったなんて、そのようなコメントは生産者泣かせです(勿論、うれし泣き!)

しっとり、アコギっていいですね。

これは、チェックしてみたい音楽です。
2005/11/17 1:24 AM by ワタナベ
COMMENT?










TRACBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
にほんブログ村 花ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ Bloglinesで閲読登録 blog ranking にほんブログ村 写真ブログへ